INFORMATIONラグビー部情報

チームスピリッツ

平素は同志社大学ラグビー部にご支援いただきまして誠にありがとうございます。主将の田村魁世,南光希と申します。

今年度111代目のチームスローガンは「LINK」に決定いたしました。
このスローガンに込めた思いについて説明させていただきます。

現在、同志社大学ラグビー部は170名を超える大所帯です。
昨年度、コロナ禍という状況の中で全部員での練習が行えませんでした。そこで、今年は部員同士のコミニュケーションの場を増やし、一人一人が「日本一」という目標に向かって役割を全うすることを意識しています。

この170名を超える部員が全うする役割が繋がり、一つになった時に計り知れない力を持った同志社ラグビーが体現できると考えています。
この繋がりや結びつきが、今年のチーム目標である「関西リーグ優勝」「日本一」を実現させる為に必要不可欠であると4回生で話し合い、『LINK(=輪、繋がり、結びつき)』という言葉を選びました。

同志社大学ラグビー部は近年厳しい結果が続いており、どれだけ目標を達成することが厳しいのかを実感し、目標を見直すという案も出ました。
しかし、「同志社大学ラグビー部の日本一は目標ではなく、使命であり責任である」という言葉を頂いた時に、「日本一」に対する覚悟を決めました。

決して簡単に実現できることではありません。しかし、170名を超える部員が覚悟を持ち、LINKした時に必ず「日本一」を実現できると考えています。今年は「LINK」に込めた繋がり、チームとしての一体感に注目して頂ければと思います。

今年度は目標に向かって部員一同より一層の努力を重ね、精進する所存です。皆様の熱いご支援ご声援の程よろしくお願い致します。