CONTENTS同志社ラグビーを目指す皆様へ

部長メッセージ

同志社ラグビーを目指す皆様へ

今年度より部長に就任しました川口章でございます。
就任に際しまして、一言ご挨拶申し上げます。同志社大学ラグビー部は、1911年に創設された日本で最も伝統あるラグビー部の一つです。これまで4度の大学選手権優勝を経験し、ラグビー界のみならず、ビジネスの世界にも多くの優れた人材を輩出しております。これも、文武両道をめざす学生の努力と、それを支えてくださるOB・OGやファンのみなさまのおかげです。
しかし、近年は、なかなかみなさまのご期待に沿う結果を残せず、忸怩たる思いです。
解決すべき課題は多く、それらを一挙に解消することは困難ですが、地道に一つひとつ解決し、今年は昨年より、来年は今年より進化していることを実感していただけるよう努力いたします。
同志社大学の教育理念は、キリスト教主義、自由主義、国際主義です。これらは、ラグビーの精神にも通じます。キリスト教は、自己規律と他者への敬意を重んじます。自由主義は、部内のリベラルな人間関係を醸成します。そして、国際主義の理念に沿って、ラグビーを通して世界の人たちとの交流をめざします。このように同志社大学の教育理念をラグビー部に浸透させ、同志社ラグビーの新しい伝統を作っていく所存です。同志社ラグビーファンのみなさま、どうぞこれからも変わらぬご支援、ご声援を賜りますようお願いいたします。

同志社大学ラグビー部 部長  川口 章

ヘッドコーチメッセージ

同志社大学ラグビー部は1911年に創部され、日本で3番目に古い歴史を持つラグビーチームです。
これまでに全国大学ラグビーフットボール選手権大会で4度優勝し、また、関西大学ラグビーリーグ戦における優勝は最多となり、大学ラグビーの伝統校として知られています。
近年は思うような結果が残せず、応援していただいている方々、OB・OG、多くの関係者の方々に歯痒い思いをさせていると感じています。ラグビー界を取り巻く環境は大きく変化していますが、我々は同志社ラグビーの原点に立ち返り、自由と個性の尊重を基本とした、奔放で創造性豊かなラグビーを目指したいと考えています。
選手自身が楽しいと思い、観ている人たちを魅了するチームを選手、スタッフ全員で創りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

同志社大学ラグビー部 ヘッドコーチ 伊藤 紀晶