BLOGブログ

ARCHIVEアーカイブ

過去のブログはこちら

2019/08/07

Member's Blog(4回生 中村 圭吾)

いつも同志社大学ラグビー部を応援して頂きありがとうございます。

 

4回生SHの中村圭吾です。

 

このブログから私の事を少しでも知っていただけると幸いです。

拙い文章ではありますが、宜しくお願い致します。

 

『最初の一歩』

私がラグビーを始めたのは4歳の時で、父親に近くのラグビースクールに連れて行ってもらったことがきっかけです。

 

最初は遊びの感覚でスクールに通っていて、年が経つにつれ、たくさんのプレーが出来るようになったり、勝つために苦しく辛い練習をしたりと生きていく中で大切なことを多く学ぶ事ができ、今でもラグビーが好きでいることが出来ています。

 

大学までラグビーを続ける事が出来たのは、これらの喜びを知ることができたからだけでなく、

ラグビーを通じて沢山の仲間に出会えたからだと思います。

これは、4歳の時に、ラグビースクールの校長先生から敢闘賞をもらっている写真です。

これは小学生の時の写真です。

 

手を挙げて、ボールを要求しているのが私で、ボールを持って走っているのは4回生の江金くんです。

彼とは幼稚園から現在まで同じチームでラグビーをしていて、昔から足が速く追いつかなかったことを覚えています。

 

 

『My Page』

私は音楽を聴くことが好きです。

特にこの曲が、この歌手が好きということではないのですが、その曲のリズムに魅了されることが多いです。

 

またその年や季節によって、ハマってしまうジャンルも違います。

高校時代にはクラシックにハマっている時期もありました。

 

音楽には不思議な力があると思います。

1つの曲に思い出が重なって記憶されることはありませんか?

たまに流れてくる曲であの日この日の記憶が蘇る事が私にはよくあります。

 

例えば、Clavin Harrisの「This is what you came for」という曲を聴くと、1回生の夏合宿を思い出します。

ウエイトの時によく流れていて、今でも思い出します。

 

今年の夏合宿の思い入れとなる曲は何になるのか、1か月後が楽しみです。

 

 

『これからの個人目標』

どのチームでも存在感のある選手になる事が目標です。

もちろん、紺グレのジャージを着て試合に出場する事も目標でありますが、やはり4回生として、どの試合の出ても、自分という存在を示すことが大切だと思います。

 

その為に、日々の練習に精一杯励み、周りの選手と切磋琢磨しながらもっと強いチームにしていきたいと思っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

今後とも、同志社大学ラグビー部を宜しくお願い致します。

ブログ一覧に戻る