BLOGブログ

ARCHIVEアーカイブ

過去のブログはこちら

2019/07/27

Member's Blog(4回生 山本 雄貴)

いつも同志社大学ラグビー部を応援して頂き、ありがとうございます。

 

4回生、主将の山本雄貴です。

 

私事溢れる文書になりますが最後まで読んで、僕のことを少しでも知って頂けると幸いです。

よろしくお願いします!

 

 

『最初の一歩』

私のラグビーとの出会いは小学生の頃、父に同志社大学の試合に連れていかれたことがきっかけです。
それまで、時代の流れで「サッカー選手になりたい。」と言っていた自分が、一目で「かっこいい。タックルしたい。」と父に言ったそうです。(自分ではあまり覚えていませんが…。)


それがきっかけで地元の京都北ラグビースクールに小学校四年生から入ります。

入部した当初は同期は0人で四年生は僕1人だけの状態だったのですが、小学校の友達を10人ほど誘うと10人全員が入部してくれ、私がいた岩倉南小学校では、ワールドカップで日本が騒ぐずっと前にラグビーブームが到来しました。笑

 

そして私が六年生になった頃、人生で初めてキャプテンという役目を背負います。


(下の写真はキャプテンとして先頭で行進する自分です。笑)

僕の初めてのラグビー仲間がこのメンバーだったからこそ僕は今でもラグビーを続けていると感じています。

 

 

『MY PAGE』

ここでは僕の趣味であるレコードについて紹介しようと思います!

僕は音楽が昔からすごく好きで…好きすぎるので、 レコードコレクションの中から5枚選び、紹介したいと思います!

 

Yuki's records 5選

まず1枚目は!


THE CLASH の 「LONDON CALLING」です!
世界的パンクバンドの名盤です。高校時代、その創造的なパンクに心を奪われました。

このアルバムに入っている「Lost In The  Supermarket 」と「Train In Vain」を聞くと高校生の僕にタイムスリップします。笑

 

2枚目は!


細野晴臣の「はらいそ」です!
細野晴臣さんの音楽に出会ったのは、大学生になってからです。

アルバムの名前にもなっている「はらいそ」という曲がやはり大好きです。「はらいそ」とはparaisoと書き、ポルトガル語でパラダイスという意味です。
住み慣れた息苦しい日本から、異国の船に乗り込み自分の中の「はらいそ」を探しに行くという内容です。

「まるで新島襄だ。」と思いながら勇気付けられています。笑

 

3枚目は!


Princeの「controversy」です!
Princeは僕のアイドルです。この妖しい魅力溢れる天才は他にはいません。
「1999」という曲を聞いた時、震え立ったことを今でも覚えています。このアルバムには入っていないのですが、「I Wanna Be Your Lover」という曲が大好きで、擦り切れるほど聴いても、いつでもいい気分にさせてくれます。

 

4枚目は!


佐野元春の「No Damage」です!
このアルバムの曲全てが好きで、こんな曲を何個も作れる日本人がいるんだなぁと感心します。(謎に上から目線ですが。笑)
高校時代のテスト期間の頃はひたすらこのアルバムを最初から最後まで流してリピートして勉強をしていました。笑

 

そしてラストを飾る5枚目は!


山下達郎の「MOONGLOW」です!
山下達郎さんを大トリにしようと決めていたほど好きな歌手です。

たくさんの有名なアルバムがある中でなぜこれを選んだかというと、全曲、作詞が吉田美奈子さんだということです!

吉田美奈子さんの歌詞は本当に綺麗で、収録曲の「Rainy walk」のなかで曇天の中の雲を「プラチナの雲」と表すのですが、そのような表現一つ一つが綺麗で、そして山下達郎のサウンドに包まれて、心にしみる一曲となります。最強タッグだなと感じます!


ここでは紹介しきれなかった、部員にプレゼントしてもらったレコード!

 

JACKSONS「victory」
Van Mccoy 「New Soul Greatest Hits 14」
橋本一真


THE BEATLES「Rarities」
中村海輝


QUEEN「Bohemian Rhapsody」
河野慶太

 


THE Style council 「Our Favarite Shop」
佐久間輝

 

プレゼント本当にありがとう!

最高にcoolです!

 

お付き合い頂きありがとうございました。

この通り昔の音楽が大好きなので、興味のある方は是非声をかけてください!


「これからの個人目標」

日本一のチームにするために、日本一のキャプテンになることが目標です。
そのために、常にチームとコミュニケーションを取り、体を張り、一番Go!Go!Go!する人間になれるよう言葉だけではなく、すべて実行に移していきたいです。
1日1日の練習をその瞬間を大切に日々精進したいと思います。

最後まで読んでいただき、私の趣味に付き合っていただきありがとうございました。


今後も同志社大学ラグビー部への熱い応援をよろしくお願いいたします。

ブログ一覧に戻る