BLOGブログ

ARCHIVEアーカイブ

過去のブログはこちら

2019/06/28

vs天理大学B・C

6月22日は、田辺グラウンドにて天理大学B・C戦が行われました。

C戦は12時にキックオフしました。

 

試合が動いたのは前半1分でした。天理大学に先制トライを奪われ、0-5となります。

 

しかし、同志社も5分に中村圭(4)がトライをあげ、試合は振り出しに戻ります。

 

その後は、一進一退の激しい攻防の連続でした。

 

 

8分に天理大学にトライを奪われるものの、10分に中村光(4)、19分に栃岡(2)のトライで、19-12とします。

 

良い流れを保ちたい同志社でしたが、前半22分、32分、35分に天理大学に立て続けにトライを許してしまいます。

 

前半終了間際に、山口龍(2)がトライを奪い返し、26-33で前半を終えます。

 

後半、最初にトライを挙げたのは同志社でした。安田(4)のトライで31-33とします。

 

その後も、9分に依藤(2)、13分に中村光(4)のトライで45-33とリードします。

 

24分に天理大学にトライを奪われるものの、27分には安田(4)がトライ。

 

その後、34分に天理大学にトライを許してしまいましたが、試合終了間際にファイアラガ(3)がトライ。59-47となったところでノーサイド。

 

C戦は見事勝利を収めることができました。

 

 

続いてB戦です。13時45分にキッキオフしました。

 

試合が動いたのは11分でした。井本(3)のトライで、7-0とリードします。

 

しかし、13分、21分、25分に天理大学にトライを許してしまい、7-19となります。

 

27分に大熊(3)がトライを奪うものの、33分には天理大学にトライを許してしまい、14-24で後半に突入します。

 

後半1分、天理大学のトライで14-29となります。

 

流れを変えたい同志社でしたが、3分にも天理大学にトライを許してしまします。

 

6分に弓削(4)のトライで21-36とするものの、14分には再び天理大学にトライを奪われ、21-41。

 

32分には28-55となってしまいましたが、後半残すところ5分となったところで同志社が流れをつかみます。

 

35分・36分の原田(4)のトライ、43分奥田(4)のトライで49-55。

一気に差を縮めましたが、後一歩及ばず惜敗しました。

 

春シーズンも終盤戦となりましたが、もう一度チームで団結し乗り切りたいと思います。

ブログ一覧に戻る