BLOGブログ

ARCHIVEアーカイブ

過去のブログはこちら

2019/11/23

Member's Blog(2回生 同志社 西口聖一郎)

いつも同志社大学ラグビー部を応援していただき、ありがとうございます。

 

2回生PRの西口聖一郎です。
拙い文章ですがよろしくお願いします。

 

 

『最初の一歩』
僕は祖父、父、兄がラグビーをやっていた影響で3歳の頃からラグビーをしていました。


小さな時からラグビーは大好きで毎週日曜の練習が楽しみで楽しみで仕方なかったのです。

しかし嫌いな練習が1つだけありました。
それはアップで行うグラウンド3周走です。
昔から走ることが大嫌いな僕にとってグラウンド3周走は地獄のフィットネスでした。
わざと朝ごはんをゆっくり食べて、走らなくていいように遅刻して行ってました。
そんなこんなでしんどい練習をサボっていたら少学校6年生で70キロのおデブちゃんになってしまいました。

(右が僕、左は2回PR舘本)

 

同志社中学に入り、初めは好きなポジションをしても良いと言われたので、センターになりましたが、監督に身体を大きくしろと言われたので、どんどん食べていたら中3で100キロを超えてしまい、PR人生が開幕してしまいました。

 

同志社高校に入学し待っていたのは、中村直人ヘッドコーチと酒井優コーチのフィットネス地獄でした。
毎日の練習がしんどくて、どうしたら練習に行かなくていいかだけを考えて過ごしていました。しかしサボりがバレたら怖いのでサボれませんでした。
ある日の練習で足を捻挫し少し痛かったのでチャンスだと思い、怪我人メンバーに入ることにしました。

しかしここでラグビー人生最大の壁にぶち当たりました。復帰テストです。

同志社高校では怪我人になるとフィットネステストでタイムを切らないと復帰できないのですが、僕は目標タイムを1分以上オーバーして全く復帰ができませんでした。

 

怪我は治っているのにラグビーができない生活が3ヶ月も続きました。悔しくて毎日河川敷を走り、103キロあった体重を93キロまで落としました。やっと合格できた時は嬉しすぎて泣いてしまいました。
復帰したらまたあのフィットネス地獄がやってきて辛かったのですが、ラグビーをみんなとできる楽しさの方が上回っていたので毎日の練習が楽しみになり今まで以上にラグビーが大好きになりました。

 

 

『My Page』
僕はお風呂が大好きです。


よく同期の南や坂本と水春や源氏の湯などの温泉に行きます。
また、この時期は毎日入浴剤を変えて自宅のお風呂に入っています。冷え切った身体が温まり一気に1日の疲れがぶっ飛びます。

1番のお気に入りはKNEIPPのバスソルトです。

 

将来は、自宅の1階に大きめの浴槽があるお風呂を作り、屋上にかなり大きめの露天風呂を作るのが夢です。

住宅街で露天風呂を作るのは難しいと思いますが、そこは工夫します。
ついでにシアタールームも作ってみたいです。

映画鑑賞は勿論、ラグビーW杯などを家族や友達と大画面の特等席で観戦できたら楽しいだろうなと思うからです。

 

アホみたいな夢ですが、叶えられるように頑張りたいと思います。

 

『今後の目標』
チームメイトから西口がPRならスクラムは勝てると思ってもらえるレベルまで強くなる事です。

そして紺グレのジャージを着て日本一に貢献する事です。

 

大学でラグビーをする期間は一瞬で過ぎてしまうと思うので悔いの残らないように1日1日を大切に過ごして行きたいと思います。

 

最後までご覧頂き誠にありがとうございます。

今後とも同志社大学ラグビー部を宜しくお願い致します。
 

ブログ一覧に戻る