BLOGブログ

ARCHIVEアーカイブ

過去のブログはこちら

2019/04/30

vs立命館大学

 

 

4月28日(日)に、宝ヶ池球技場で立命館大学90周年記念試合として、初の新人戦とA戦が行われました。

 

一回生戦は、10:30K.O.でした。

 

前半キックオフ直後、先制点を決めたのは同志社でした。

相手のこぼれ球を14渡邉(函館ラ・サール)が拾い⑨新和田(尾道)にパス、そのまま⑨新和田がトライ。

 

 

⑮笠原(同志社)のゴールKも決まり、7-0となります。

 

 

この先制トライで流れに乗った同志社は、12分に⑫大森(茗溪学園)がトライ。

 

 

続く14分に⑩西村(同志社)、17分に②杉山(同志社香里)、20分に⑦小島(東福岡)、そして22分に⑬大槻(同志社香里)と、相手にボールを譲ることなく得点を重ね、42-0で試合を折り返します。

 

 

後半キックオフ後7分、⑮笠原(同志社)が先制点を得点します。

ゴールKは惜しくも外しましが、47-0と立命館を大きく引き離します。

 

11分に自ボールをインターセプトされこの試合初となる失点を許してしまいますが、試合終了間際に㉔伊藤(旭野)がトライを決め、最終スコアは54-7と一回生の力を見せつけた結果となりました。

 

 

A戦は、13:30に同志社のキックオフで試合が開始します。

 

前半8分、右ラインアウトよりモールを形成し②橋本(4)が押し込みトライ。

ゴールKは外しますが、FW陣の先制で同志社は勢いに乗ります。

 

 

 

15分には⑤大熊(3)が中央トライ、23分には⑮山口楓(2)、30分に⑥堀部(4)と立て続けに得点を重ねます。

 

 

前半35分にはまたもFW陣の活躍から②橋本(4)が押し込みトライ。

⑨原田(4)のゴールKも成功し33-0で試合を折り返します。


 

 

続く後半は、キックオフ直後に相手に得点を許してしまいます。

 

 

立て直した同志社は6分に①田中翔(4)、19分⑮山口楓(2)と得点を重ねますが、

後半は相手に3トライを許し、最終スコアは47-21となりました。

 

 

 

一回生戦、A戦共に勝利を収めることができましたが、まだまだ課題が残る結果となりました。

 

 

5月5日(日)に行われる同志社ラグビー祭まで、あと3日となりました。

もう一度課題を見つめなおし、更にハードな練習をする期間として練習に励んで参ります。

 

2019年度同志社ラグビー祭 vs大阪体育大学で、更に強くなった同志社を皆様にお見せします。

皆様是非、5月5日は同志社ラグビー祭 @宝ヶ池球技場にお越しください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧に戻る